株入門をするならはじめに読んでおくべきこと

株入門で気をつけること

  • 財産全てを投資金額に使わない
  • 株価の変化を常時見すぎない
  • 無計画で始めないこと

株入門をするならはじめに読んでおくべきこと

グラフ

株って何?

入門前にこれは知っておかなければなりません。まず株とは、企業が資金調達を目的に株主を集めるものです。株主が購入した資金を事業拡大に利用しています。そして、株主のメリットというと、株を購入することでその企業のオーナーの一人ということになります。さらに、株価が上がって他の株主が欲しいと思ったタイミングで、その株主に売ってしまえば、あなたの利益となるのです。そのため、購入時の金額よりも高い値段で売ることが利益の基本となります。

売却で利益

株で利益を得るには、上昇した人気の株をベストなタイミングで売却して高値の利益を得ることです。そのため、タイミングを見極め得る能力も必須となり、高い利益を得たいのであれば、株価を研究することが必要になるでしょう。

配当金や株主優待などのお得さ

せっかく買った株を売却をするのは勿体無いと感じている方も多いでしょう。そんな時は、配当金や株主優待で利益を得る手段も選択出来ます。配当金とは、企業の成績が良ければ年に1、2回ほど株主に配当金が配られます。だからこそ、安定して資金が得られるという仕組みです。また、株主優待券を配っている企業も多く、それらのメリットを考えて株を買うか決め手にしているケースもあります。

株主になるメリット

売ることで利益を得る

株価が上がって人気に上り詰めた時に、株を売ることでその株価の分の利益を得ることが出来るようになります。株価が上がれば上がるほど、利益の金額も大きくなるので高収入を得られるチャンスとも言えます。

配当金がもらえる

株を買っている企業が順調であれば、毎年配当金が株主に入る仕組みになっており、配当金がもらえます。そのため、安定している企業であればあるほど、配当金にも期待が出来るというわけです。

優待券でお得

株主優待券を発行している企業の株主になれば、株主優待券を受け取れます。これは、配当金とは全く別のものとなり、企業のサービスです。株主であるお得感を味わうことが出来るのでとてもお得なものだと言えるでしょう。

株主総会に参加出来る

株主になるということは、株主総会の参加の権利を獲るということです。そのため、有名企業の社長などが集まる会に参加をして刺激をもらえる良い機会だと言えます。

副業として便利

普通の会社員として副業が出来ない人でも、株主であれば、仕事に支障をきたすことなく利益を得られる手段が持てます。それは、お金を有効活用して儲けを増やす意味でも、収入アップが期待出来るでしょう。

広告募集中